1. TOP
  2. 利休が伝えたかった侘び寂びの精神とは?

利休が伝えたかった侘び寂びの精神とは?

茶道 精神
  20,772 Views

はじめ

茶道 免状 趣味 資格 詫び寂び

「侘び寂び」といわれて、

皆さんの思い描くイメージはどんなものですか?

 

飾り気のない茶室、禅寺の石庭、苔むした露地・・という所でしょうか。

言葉で表すと「煌びやかではない。自然に近い姿。シンプル。」

といったフレーズが並ぶと思いますが、

明確に表現するのは非常に難しいですね。

 

利休も「侘茶の定義は・・」といった発言を遺してはいません。

様々な人が遺された利休の発言から、

利休が目指した侘び茶の姿を推測しています。

 

そしてこの作業は、今も続いているといえるでしょう。

改めて、利休が伝えたかった侘び・寂びとは

何だったのか・・考えてみましょう。

 

Sponsored Links

侘び寂びとは何か

茶道 わびさび  意味 説明 一期一会

「侘び」という言葉の意味を、表千家のホームページで調べると

次のように表されています。

 

「茶の湯の一つの美意識。清楚で質素な生活を宗とし、

物の不足のなかに心の充足と美を求める思想。」

 

「物の不足」、つまり、過剰なものをそぎ落とした状態の中に、

美しさを見出す心が「侘び」といえるでしょう。

 

一方の「寂び」は、経年変化によって

新しい美がそこに備わった状態のことです。

 

簡単に言うと、「侘び」は不完全な美 

「寂び」は枯れた美と言うところでしょう。

 

Sponsored Links

利休の侘び茶

茶道  趣味 資格 詫び寂び

利休の求めた侘び茶は、形式よりも、精神性を重んじたものでした。

侘び茶という概念を生み出したのは、村田珠光と言われています。

 

中国から渡来した唐物などの立派な道具がなくても

身近で作られた和物を取り上げるということ、

そして、慢心や執着せずに修行するべきと言った考え方を

「心の文」と言われる手紙に書き残しています。

 

その「侘び」の考え方を、より本質的、

精神的なものに押し上げたのが千利休です。

 

利休が見出した「侘び」の美の代表作といえば

茶室「待庵」や黒の楽茶碗などですが、

それらは、中国からの渡来品を重視した足利義政や、

豪華で大胆なものを好んだ信長、秀吉とは異なる

新たな美意識の提案と言えるでしょう。

 

秀吉が愛した豪壮さは、

誰が見ても感嘆の声を上げるような類のものでしたが、

利休の提唱した「侘び」の美は、誰もがキレイと感じるものではありません。

 

「侘び」を美しいと感じるには、美を認識するための知識、

そこからイメージを膨らませられるだけの想像力、

さらにそのイメージを再構築する力といった

文化的な感度が成熟していなければならないのです。

利休の侘びと秀吉

茶道  趣味 資格 詫び寂び 利休

利休も秀吉とともに、北野大茶会といった、

華やかな大規模イベントをプロデュースし、

黄金の茶道具といった豪奢な道具作りにも協力しています。

 

その裏で、利休は侘び茶への傾倒を強めていきます。

それは、経済力に物言わせた秀吉の美へのアンチテーゼだったのかもしれません。

 

秀吉の留まる所のない権勢への欲を留める為にも、

その対極として「侘び」の概念を研ぎ澄ませて

提唱していったのではないでしょうか。

 

「目」ではなく「心」で見る美しさが

利休の伝えたかった「侘び」であり、

秀吉に対して「これが美しく見えないのは心の充足が足りないからだ」

と無言で圧力をかけていた可能性もあります。

 

その結果として、秀吉と利休の対立は

深まってしまったのかもしれません。

 

現代に求められる「侘び」「寂び」

茶道 点前

最後に、現代における「侘び」「寂び」を考えてみましょう。

30年ほど前の「バブル経済」の頃の日本は、

お金で「煌びやかなもの」「豪華なもの」を求め、

それが一つの流行になりました。

 

バブルは弾けましたが、お金で何でも手に入るという風潮が

大きく変わったわけではありません。

 

バブルの虚しさを繰り返さないためにも、

余分なものをそぎ落とし残ったもの一つ一つを大切にする「侘び」、

古いものを大切にして新しい価値を見出す「寂び」の精神を

見直す時が来ている気がしています。

 

利休が伝えたかった「心でみる美しさ」が、

今こそ求められているのです。

Sponsored Links



家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売ってしまっています。

※家・土地の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・素人に不動産の相場なんてわからない
・個人で売買の交渉をする自信がない
・親の急死でとにかく処分したかった
・相続で受け継いだが税金がかかる
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は無料の不動産一括見積もりが
オススメ
です。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の査定額が
スグにわかる。

・自分で複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を子供の学費・老後の貯蓄に回せる

また下取り相場が見れるので、
知り合いの不動産会社の見積もりで

買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。


1000万円の差が出る不動産見積もりサービスを試してみる



一日一禅(メールマガジン・週刊)

あなたの疲れた心を軽くする「禅語」をメルマガで紹介するサービスです。
禅の心に触れて身も心もリフレッシュ!

下記のフォームに氏名とメールアドレスを入力して下さい。

お名前  
メールアドレス
※メールアドレスの入力間違いが多くなっていますので確認下さいね。※



Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

和比×茶美の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

和比×茶美の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links