1. TOP
  2. 茶道の先生になるにはどんな資格が必要?

茶道の先生になるにはどんな資格が必要?

茶道 資格
  10,208 Views

茶道のお稽古を続けていくと、

その奥深さに魅了されてもっとお茶の世界に入ってみたい、

いずれは茶道の先生になってお教室を開いてみたい、

と思われる方がいらっしゃるでしょう。

ocha2

さて、茶道の先生になるためには

どんな資格が必要なのでしょうか?

学校の教職免許のように

一定の教科課程を履修して取得するものでしょうか。

Sponsored Links

茶道の先生という呼び方

 

先生という呼び方についてですが、

私の通っている教室では皆さん「先生」とお呼びしています。

その時の会話で「私達弟子は・・」

「あちら(違うお教室)のお師匠さんが・・」

とお話されている方がいましたので、

先生すなわち師・師匠ということです。

その師である先生が、さらに有名な先生(家元など)

についてお話されるときには、先生と呼ばずに

「家元」「宗匠」などとおっしゃっています。

直接指導を受けていたわけではないようでしたが、

私達の前で「先生」という言い方はされません。

茶道に限らず「先生」や「師匠」とれる立場になるには、

それなりの覚悟と、ある程度の期間お稽古が必要となります。
その道の「師」となるわけですから

Sponsored Links

茶道の先生になるには免許制も国家資格も関係ない

 

茶道の先生となるために、

必要不可欠な資格というものはありません。

一定のお稽古に通じ、

やりたい思えばできなくもないわけです。

しかし一般的には、表千家、裏千家、

武者小路千家などのお流儀に入門して、

先生からお免状をいただいてから教室を開いたり、

学校やカルチャースクールの講師をしたりすることになります。

「先生」のレベルをどこに置くか、

ということも重要になるでしょう。

私の母がやっていた裏千家では、

「許状」というものを頂いていました。

許状とは、入門なら入門、

上級なら上級のお稽古を先生が見たうえでよし、

とされれば次の段階の稽古を「許される」、

資格のようなものです。

その中には「講師」「師範」という過程も含まれます。

裏千家ではお茶の専門学校や大学がありますので、

そういった学びの場を利用するのも

茶道の先生になるための一つの道でしょう。

 

IMG_9065

個人のお茶教室で先生よりその修業内容を見ていただき、

教える立場になるだけのものがあると見込まれれば、

免状を出していただいて先生となることもできます。

いずれにしても茶道は伝承性の強い世界です。

数年、数十年という稽古を経て先生なることが多いようです。

私の叔母は20年ほどお稽古を積んで、

先生となりましたが自宅でお教室を開くのに

さらに数年かかっていました。

必要なのはひとつふたつではない!

 

これはお稽古に通い始めてすぐに感じたことですが、
お茶の世界には何と多くのものが要るのだろう!ということでした。

精通していなくてはならない知識だけでも半端なく深遠ですし、

お道具にしても膨大です。

お茶、茶器やその他必要なお道具、

お花、書、着物、懐石、お菓子・・・
季節によって替わるお道具は

一年に一度しか使わないものもあるのです。

実は、おそるおそる先生にお尋ねしたことがあります。

「先生、このお道具はお買いになったのですか・・」
先生は苦笑されながら、

いただきものもあるが買い揃えたものもある、とお答えでした。

正直に言って、お茶の先生になって自分の教室を開くにには
金銭力・経済力は必須です!!

ですから、お教室を開く方はお道具などを受け継いだり、

譲り受けたりすることができる人、

茶道教室をそのまま引き継ぐ人、が多いようです。

茶道 コラム 資格 

私の先生や叔母は一代で茶道教室を開いたのですが、

もちろんそういう人も少なくないでしょう。

学校の茶道教室や地域の茶道教室で講師として活躍し、

決まった教室を持たない人もいます。

また、有名な先生についてお稽古していたということも、

生徒さんお弟子さんをより多く集めるのに一役買うこともあります。

音楽の世界で○○先生に師事、

とプロフィールに書いてあるようなものです。

いずれにせよ、人を教える立場になる以上、

その過程には時間と経済力、

なによりも茶道に対する真摯な心が

最も大切なことだと思います。

Sponsored Links



家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売ってしまっています。

※家・土地の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・素人に不動産の相場なんてわからない
・個人で売買の交渉をする自信がない
・親の急死でとにかく処分したかった
・相続で受け継いだが税金がかかる
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は無料の不動産一括見積もりが
オススメ
です。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の査定額が
スグにわかる。

・自分で複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を子供の学費・老後の貯蓄に回せる

また下取り相場が見れるので、
知り合いの不動産会社の見積もりで

買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。


1000万円の差が出る不動産見積もりサービスを試してみる


一日一禅(メールマガジン・週刊)

あなたの疲れた心を軽くする「禅語」をメルマガで紹介するサービスです。
禅の心に触れて身も心もリフレッシュ!

下記のフォームに氏名とメールアドレスを入力して下さい。

お名前  
メールアドレス
※メールアドレスの入力間違いが多くなっていますので確認下さいね。※



Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

和比×茶美の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

和比×茶美の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links