1. TOP
  2. 初めてのお茶会!着物と袴どっちがいい?茶道の装いマナー

初めてのお茶会!着物と袴どっちがいい?茶道の装いマナー

 2016/03/23 茶会
  14,886 Views

茶道を始めたばかりの男性の方!お茶会に出ることになって、

着物と袴のどっちがいいか迷っていませんか?

茶道の着物について調べようと思っても、ほとんどが女性向けのものが多いですし、

周りをみてもお稽古にも来る男性は女性より圧倒的に少ないですよね・・・

今回は茶道での装いに困っている男性、必見です!

Sponsored Links

 

初めてのお茶会に着ていくのは、着物?それとも袴?

20110903_2228293 

 

ほとんどのお茶会で初心者の場合だとスーツが多いのですが、せっかく茶道を始めたのです。

きちんと袴を着こなして行きたいものです。

そう、紋付きの着物に袴が正装です。

着物には様々な決まりごとや流儀がありますから、

それぞれの茶会の趣旨や季節に合わせた着物の装いで楽しみたいものです。

お茶会の内容や格式によっては着物の家紋や袴の種類も異なってきますので、

できるだけ先生に相談して、着物の色、袴の仕立など

その場にふさわしい装いにしたほうがよいでしょう

Sponsored Links

茶道の男性着物は

~袴の種類~

茶道では畳に正座したり立ったりするので、袴はとても目立ちます。

丈夫で、美しい袴を着たいものですね。

袴には、スカート状になっている「行灯袴(あんどんはかま)」

中が二股に分かれている、「馬乗り袴(うまのりばかま)」

おもにこの二つがあります。足さばきがよいのは馬乗り袴です。

FirstJapaneseMission

~袴の色と柄~

縞袴と無地袴がありますが、無地の方がさまざまな内容のお茶会に

応用が利くので便利だという意見が多いようです。

灰色、茶色の仙台平(せんだいひら)の縞の袴は、

羽二重の紋服やお召しなどに合わせるのが普通なので、

紬やウールの着物には合いません。

茶道 基礎知識

縞の太さは、年齢に関係なく細めの縞を選んだ方が無難なようです。

ちなみに仙台平はとても丈夫でしわになりにくく、

美しい絹の光沢と感触が良いことで知られる、

現在では生産量が少ない重要無形文化財なのです。

現在の袴は米沢平、五泉平などが主流なようです。

~茶会での男性着物~

男性の茶会の着物は、「色無地」後染めの着物に染め抜きの紋を入れ、

袴は「仙台平」の縦柄の袴が正式な茶会の装いです。

カジュアルな茶席では、先染めの「お召し」の着物で充分なようですが、

そのお茶会の格式により装いのマナーも変わるので注意が必要です。

きっちりお茶会での装いを誂えたいのであれば、お召しの着物、

お稽古中心に着たい場合は洗える素材の着物も手入れが簡単で便利ですね。

生地はお茶席にふさわしいもので、派手な地紋や光りすぎる生地はいけません。

もし先生に洒落着でも良いと言われたなら、大島紬や無地の紬でも良いですが、

それに仙台平の袴を合わせるのは、格の違いからいけません。

同じ普段着格の紬の無地袴を合わせます。

kimono3

茶道の装いのマナー

何と言っても、決して忘れてはいけないことは、「自分が主役ではない」ということでしょう。

亭主より格の高い着物を着ることはタブーでしょうし、季節やお茶会の主旨にそぐわないような装いは避ける方がよいです。

その場の雰囲気を壊さず、自然に馴染み、他のお客さまとの空間を大切にするような装い。

万事控え目な方が、特に初めてのお茶会に行く時は無難だと思います。

たとえば「十徳(じっとく、じゅっとく)」という広袖の羽織の着物は、茶道の家元や宗匠が着る着物ですから、

着ることはもちろん、誂えることすらあり得ない着物です。

十徳を着てもよい、というお許しが家元や宗匠から出て初めて身につけることができる着物というものがあるのです。

利休 茶道 三千家

いろいろな決まりごとがあって、着物はやめておこうかな・・などと思わないでくださいね。

男性が着物を着てお茶会に行けばみなさんにきっと喜ばれますよ!

袴を着ていくとお正客にされてしまうとんでもないことになる可能性があるとしても、

はじめから初めてである、と告げておくなり先生や主催の方にお伝えしておけば大丈夫。

それよりも着物でお茶会に行った経験は本当に得難いものです。

ぜひ、初めてのお茶会には着物と袴で楽しんでくださいね。

Sponsored Links



家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売ってしまっています。

※家・土地の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・素人に不動産の相場なんてわからない
・個人で売買の交渉をする自信がない
・親の急死でとにかく処分したかった
・相続で受け継いだが税金がかかる
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は無料の不動産一括見積もりが
オススメ
です。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の査定額が
スグにわかる。

・自分で複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を子供の学費・老後の貯蓄に回せる

また下取り相場が見れるので、
知り合いの不動産会社の見積もりで

買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。


1000万円の差が出る不動産見積もりサービスを試してみる



一日一禅(メールマガジン・週刊)

あなたの疲れた心を軽くする「禅語」をメルマガで紹介するサービスです。
禅の心に触れて身も心もリフレッシュ!

下記のフォームに氏名とメールアドレスを入力して下さい。

お名前  
メールアドレス
※メールアドレスの入力間違いが多くなっていますので確認下さいね。※



Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

和比×茶美の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

和比×茶美の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links