1. TOP
  2. 茶事で正客をお願いされたら?問答におすすめの例文を紹介!

茶事で正客をお願いされたら?問答におすすめの例文を紹介!

 2016/03/05 茶会
  30,753 Views

茶事の正客をお願いされたら、あなたならどうしますか?
正客を勤める機会など、なかなか巡りあうものでは
ありませんから、是非、前向きに引き受けましょう。
正客として覚えておくべき作法と問答を、初座を中心に
流れにそって紹介します。

Sponsored Links

寄付き~向かい付け

茶室2

寄付きに客が揃ったら、
正客は全員に「よろしくお願いします。」と挨拶をします。
お互い打ち解ける為に、自己紹介し、不慣れで心配な点が
あれば、その旨を話してもよいでしょう。

その後、腰掛け待合に移動します。
迎付けでは、亭主とは黙礼のみで、言葉は交わしません。

初座の挨拶

席入り、席中の拝見が終わると、亭主が襖を開けて
礼をします。
正客は「どうぞお入りを」と必ず声をかけてください。
それまで、亭主は中に入れません。

続いて「今日はお招きありがとうございます。」
挨拶します。
時候の挨拶、旧知の間柄なら近況をお互いに尋ねましょう。
その後、次客から詰めまで順番に挨拶します。

詰めまで挨拶が終われば、正客は待合の掛物や莨盆、
本席の掛物等について亭主に尋ねます。

懐石の席で

R0042834

挨拶が終わると、炉の時期は炭点前から懐石へ、
風炉の時期ならばすぐに懐石の膳が運ばれます。

お詰めまで膳を運ぶと、亭主は
「どうぞ箸をお取り上げください」と挨拶して、
襖を閉めます。
正客は「頂戴しましょう」と声をかけ、
客同士で礼をして飯碗と汁椀の蓋を取りあげます。

暫くすると、盃台と銚子、続いて煮物碗が運ばれてきます。
運び出すうちに、煮物が冷めてはいけないので、

正客は「後は一緒にお持ち出しを」と声をかけましょう。

煮物が終わった頃、亭主は、飯次を持ち出します。
飯次に杓子が入った所で、正客は「おまかせを」
声をかけます。
亭主は、向きを変えて飯次を亭主に預けます。
続いて汁替えです。

Sponsored Links

席中での相伴を勧める

焼物鉢が運ばれ、再度飯次が運ばれてきたら、
杓子が入る所で再度「おまかせを」と声をかけます。
続いて、次の汁替えを勧められますが断ります。

下がり際に亭主から「勝手で相伴をいたします。」と
挨拶があるので、正客は「どうぞお持ち出しを」
席中での相伴を勧めます。
通常は、亭主は断り、襖を閉めて水屋に下がります。

八寸

kannabe

頃合いを見て、吸物が運ばれ、続いて八寸となります。
二献目で、亭主は正客に「お流れを」と声かけますので、
正客は「盃のお持ち出しを」と返答します。
亭主は「お借りしたい」と言うので、
正客は盃を盃台に乗せて渡します。

八寸が一通りすみ、亭主が銚子を持って正客に戻ったら、
「お納めを」納盃の挨拶をします。
続いて「お湯をお願いします」と声をかけます。

「鳴り物でご合図を」

湯漬けが終わり碗を清めたところで、正客が音頭を取り、
箸を盆に落として、亭主に食事がすんだことを知らせます。

膳が下げられると、風炉の時期は炭点前になり、
続いて菓子が運ばれます。

炉の時期はすぐに主菓子が運ばれます。

下がり際に亭主から「お菓子を召し上がったら、
腰掛にお出ましください」と声がかかるので、
正客は、「鳴り物でお知らせください。」と声をかけます。

後座、そして退出へ

客は退席し、腰掛けで待ちます。
鳴り物がなると、後座の席入りです。
濃茶、薄茶と続き、拝見が終わると、
茶事は一通り終わりになり退出となります。

退出前に、客と亭主は順にお礼の挨拶をします。
正客は、最後に客一同にはかり「これで失礼します。
お見送りはご無用に」と挨拶をし、
亭主が下がった後、退出します。

正客はまとめ役

挨拶の時を除いて、亭主に直接声をかけてよいのは
正客だけです。
他の客にも聞こえるように、少し大きめに声をかけましょう。

また、茶事の間も客全般の様子に目を配り、
何か不都合があれば、亭主に声をかけます。

正客は難しい役目ですが、亭主・連客と息を合わせて、
素晴らしい茶事を作り出すこともできます。
最初からうまくいく人はいません。
是非、場数を踏んで学んでいきましょう。

Sponsored Links



不要な着物を高価買取♪

お家に不要な着物はありませんか?

※実は着物を売った人の実に90%以上の人が
タダ同然の値段で着物を売ってしまっています。

そんなあなたには着物を高価買取してくれる
『着物買取の買取プレミアム』がオススメです。

着物買取プレミアムなら、

・自宅まで無料で出張査定・買取
・帯・帯締め・草履・小物も買取OK
・業界内トップシェア級で信頼できる
・電話対応で面倒な入力必要なし

など着物を処分したい方にはぴったりです。

また今は世界的に日本文化が人気で

着物の需要が高まっているので
高価買取が期待できます。



\ SNSでシェアしよう! /

和比×茶美の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

和比×茶美の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

Sponsored Links



一日一禅(メールマガジン・週刊)

あなたの疲れた心を軽くする「禅語」をメルマガで紹介するサービスです。
禅の心に触れて身も心もリフレッシュ!

下記のフォームに氏名とメールアドレスを入力して下さい。

お名前  
メールアドレス
※メールアドレスの入力間違いが多くなっていますので確認下さいね。※