上座下座はどこ?和室の場合

茶道をやったことがある人なら、和室で座る位置がそれぞれ決まっていることは

知っているでしょう。

お客様は床の間に近い場所に座ります。ここは上座

出入り口に近い所は下座になります。

社会人になるとこの上座・下座を知っておかないと、

赤っ恥をかくことになりかねません。

いろいろなシチュエーションでの上座・下座を覚えておいて損はありません!

Sponsored Links


 

 

まずは和室の上座と下座を覚えておきましょう

 

来客や目上の人、役職が上の人が上座になります。

床の間の正面、和室の中心になる席が上座です。

床の間がない場合は、出入り口から一番遠い場所が上座です。

 

逆にその場で一番若かったり、その集まりを仕切る人や主催者

いつでも動けるように出入り口に近い下座に座ります。

 images[5]

茶道では、床の間に掛け軸や茶花を飾り、神聖な場所とされているので

床の間の前には正客(しょうきゃく)という、茶会のメインのお客様が

座る位置に決まっています。

 

 

和室で飲み会!上座と下座をチェック!

 

一番若い社会人1年生を歓迎する飲み会、確かに主役は新人ですが、

さすがに新人を床の間の前の上座にはしません。

 

上司などがやはり上座、その右隣が2番目の位置になるので

役職・年齢などに応じて上座近くから座っていきます

 kamiza1[1]

新人は下座近くに座るのがマナーです

頼んでもいないのに上司のすぐ隣、上座のすぐ近くに

座らされることもありますが、それは飲み会の雰囲気に応じて

頑張るしかありませんね・・

 

飲み物の追加をオーダーしたり、食べ物の注文をする役割の人が下座ですね。

下座、飲み会では忙しいですから。

 wa_sho[1]

友人同士の飲み会などでは、早いもの順?で座ったりするでしょう。

それでも、誕生日やお祝いの席ではその本人を上座にするのが社会人のマナーです。

Sponsored Links

 

 

家庭訪問ではどこに上座が?

 

学校の先生が家庭訪問に来た時、玄関先ではなくて部屋に入ってもらう場合、

和室であれば同様に床の間に近い所が上座なので

そちらに座るように勧めます。

居間でソファがあれば、2、3人掛けの長ソファが上座になります。

 

ゆったりと座ってもらえるようにという配慮なのです。

一人掛けの椅子が下座です。

絵などがかかっている場所が上座になります。

 yo_suwaru[1]

居間ではない部屋でも、基本的には出入り口に近い方が下座になるので、

迎える側の人が下座に位置して、お茶などを出します。

 

また、窓に向いている席も上座となります。

景色が見られて、開放的な気分になってもらえるような配慮ですね。

 knowhow_006[1]

日光が入ってまぶしいようであれば、

光に背を向ける席を上座にしてもよいのです

 

要するに上座がもっとも快適な席であれば

臨機応変に上座・下座を変えること

大切です。

 

 

面接の場でも上座と下座があります

 

これは本当に気をつけなくてはいけません!

面接に行って、部屋に通されて「こちらでお待ち下さい」

と言われて、面接官が来るのを待つことになったら、

どこにいればよいのでしょう。

 

和室での面接はそれほど多くはないでしょうが、

和室で立ちっぱなしで待つのはおかしいですね。

下座で正座していましょう。

 

和室以外で、座って待つように言われていなければ、

下座の入口近くで

いつ面接官が入ってきても、そちらを向けるように立ったまま待ちます

 sekiji8[1]

座って待つように言われたら、とにかく下座に付きましょう。

 

何度も繰り返し述べたように、入口近くの席が下座。

長いソファが上座。一人がけのソファは下座です。

 

床の間、絵画などがある方に一番近い所が上座です。

 o0200021012571562890[1]

面接によっては、面接官が下座で、面接を受ける方を上座にする場合も

あるので、上座に行くよう勧められたら素直に従いましょう

 

さて、上座・下座の違いおわかりいただけたでしょうか?

社会人になってこれまで気にしていなかったことに

突然対応しなくてはならない時、上座には付かない!

ことだけでも押さえておいてくださいね。

他にも車、電車、エレベーターにも上座と下座があるのです

その時には和室を思い出して下さい。

一番快適な場所が上座ですよ!

Sponsored Links



家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる

茶道 豆知識



千鳥をフォローする
和比×茶美~茶道をもっと身近に~