茶道で抹茶を点てる道具には何が必要?

昨今、海外でブームになっている、日本のMatcha・抹茶

抹茶独特の風味や、その効能が世界中で注目を浴びているのです。

その抹茶を飲む日本の伝統文化である茶道もまた、静かなブームになって

脚光を浴びています。

茶道での抹茶は、お湯を注いですぐ飲めるものではなく、‘点てる(たてる)’

という行為が必要です。

抹茶を点てるには、茶道をやっていない人には馴染みのない道具を使うのですが、

さて、どんな道具があればおいしい抹茶がたてられるのでしょうか?

Sponsored Links


 

 

茶道で抹茶を点てるのに絶対必要な道具・その① まずは茶筅を!

 img55582618

茶筅(ちゃせん)と読み、お湯を入れた抹茶をシャカシャカと動かして、

軽く泡立てる(流派によります)道具です。

 

料理で使う泡だて器に似ていますが、

素材は竹、抹茶専用の道具になります。

 

この茶筅がないと、抹茶を点てることはできません

抹茶茶碗がなくても、まず茶筅は用意したいものです。

初めて茶筅を買うのに迷ったら、初心者向けにこういうものもあります。

茶筅・茶筅直し・竹茶杓の3点セット

 

 

茶道で抹茶を点てるのに絶対必要な道具・その② 抹茶茶碗

 茶道

茶筅があればとりあえず良い、とは言いましたが、

さすがに汁椀やご飯茶碗で抹茶を点てても、

やりにくい上においしいものができないのが現実です。

高価なものでなくても、抹茶専用の茶碗をひとつ用意してみましょう。

 初心者向けにはこのような、茶碗と茶筅がセットものがあります。

抹茶初心者セット(織部焼 抹茶茶碗・茶筅の2点)

 

この茶碗の魅力を存分に伝える映画がありますので、是非ご覧になってみては?

茶道の魅力利休の生きざまも満載ですよ。

映画『利休にたずねよ』に使われた楽茶碗の感動的なエピソードとは?

Sponsored Links

 

 

茶道で抹茶を点てるのに絶対必要な道具・その③ 茶杓

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

茶杓(ちゃしゃく)と呼びます。

抹茶をすくう細長いスプーンのようなもので

抹茶を点てるのに適量を知りたいならこれがあると良いですね。

茶杓にてんこ盛りにするのか、人によって1杯の量は違ってきますが、

慣れてくると、だいたいの目安がわかってきます。

 

茶杓は茶道では名物ものとして重宝されています。

名のある茶杓は、相当のお値段がしますが、初心者はまずはお手軽に一本。

茶杓は、茶道では服紗という布で拭き清めてから抹茶をすくいます

p912097217-3

 

茶杓について詳しく知りたい時はこの記事が参考になりますから

ご覧になってくださいね。

もう迷わない!12月に使う茶杓の銘は?

月例で探せる!茶杓の銘一覧

 

 

茶道で抹茶を点てるのに絶対必要な道具・その④ 棗

ea9a9c5e1bd55a3b5b01e9871065de26 

棗(なつめ)と呼びます。

お茶を入れる容器ですね。

棗の実の形に似ていることからこの呼び名になりました。

漆塗りが多いですが、美しい蒔絵が施されているものなどがあって

素敵なものが多いですよ。

この棗から茶杓で抹茶をすくって、抹茶茶碗に入れます

00fb66b5

棗について詳しく知りたい人はこちらが参考になりますよ。

茶道で使われる棗の意味とは?

 

 

さて、この4つの道具があればとりあえず抹茶を点てることができることが

おわかりいただけだでしょうか?

f580414e9052f0369d4e240f25451bc5

それぞれの道具には意味があり、歴史があり、とても奥深いものであることが

茶道をやっていくうちにどんどん明らかになって行きます。

こちらでも抹茶を点てる稽古について書かれていますので、是非どうぞ。

自宅で茶道のお稽古をするときに必要な道具は?

 

400年以上続いてきた日本の伝統文化、茶道。

道具を見て、知る喜びにはかぎりがありません。

気軽に始めて、楽しんでくださいね!

Sponsored Links


家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる

【関連する人気記事】