1. TOP
  2. 土風炉師の永楽善五郎とは?【千家十職の覚え方講座】

土風炉師の永楽善五郎とは?【千家十職の覚え方講座】

茶道 豆知識
この記事は約 4 分で読めます。 4,367 Views
admin-ajax (2)

永楽善五郎は、千家十職の土風炉・焼物師が襲名する名前です。

他の千家十職は、千家の茶道に寄り添って発展した歴史を持ちますが、

永楽家は、千家以外にも武家・商家という多様なスポンサーを得て

作風を拡大しながら発展してきました。

永楽家の歴史を辿ってみましょう。

Sponsored Links

土風炉師西村家

土風呂

永楽家は、元々は西村という姓で、初代宗禅は奈良西京西村に住み、

春日大社の供御器や日曜雑器を制作していました。

後、武野紹鴎の指導で土風炉を作るようになり、

土風炉師・善五郎を名乗るようになります。

尚、土風炉(どぶろ)とは、土を焼いて作った風炉で、

善五郎の土風炉には、土器や瓦のような素焼の本体を

磨き上げたもの、黒漆を重ね塗りして仕上げたものがあります。

2代宗善は奈良から茶道界の中印であった堺に移り住みます。

3代宗全の時、京都に移り、以降は京都に定着しました。

3代は、小堀遠州に一目おかれており、

用命を受けた際に「宗全」の銅印をもらったことから、

以後9代までは制作した土風炉にこの印を捺しました。

千家との交流

10代了全の時の1788年、天明の大火にあったため、

家屋敷と伝来の記録などを焼失してしまいました。

そのため、4代から9代までの活動は良くわかっていません。

10代は、大火の後、しばらくは楽家の援助を受け、

楽了入に教えを受けます。

10代は、たいへん器用であり、

土風炉の他にも火鉢・灰器・火入れなどを制作し、

また、色鮮やかな交趾釉の研究にも力を入れます。

このころより千家との関係ができ、10代が57歳で剃髪した際には、

表千家9代了々斎より了全の号を受けています

10代は様々な作品を作り続け、土風炉だけの制作から、

多彩な作品を作る焼物師として認められるようになりました。

Sponsored Links

紀州徳川家との交流

11代保全は、10代の養子で、1817年に善五郎を襲名します。

1827年、表千家10代吸江斎紀州徳川家10代治宝郷に呼ばれた際に、

楽旦入とともに供をして紀州に出かけます。

保全は2か月ほど滞在しましたが、作品を賞して

「河濱支流(かひんしりゅう)」の金印と

「永樂」の銀印を父了全とともに拝領しました。

この両印の拝領は、茶陶家として楽家と並ぶ地位を認められる

という記念すべき出来事でした。

しかし、11代の晩年は不遇なものでした。

IMG_2869

※保全の共箱

1843年に11代は隠居し、息子12代和全に家督を譲ります。

しかし、その後、和全と不仲になり、1850年には江戸に出かけ、

翌年戻りますが、京都には入らず大津に留まります。

琵琶湖畔に窯を築いたり、武家や寺院に招かれて各地を巡り、

和全とは和解することなく60歳で亡くなりました。

永楽姓を名乗る

12代和全は幕末から明治へという、時代の変遷を生きた人でした。

1852年に仁清で有名な御室に登窯を築きます。

1866年には、加賀藩主前田侯に招かれて九谷で作陶を行います。

その後、三河の岡崎に移り、続いて京都に戻るなど、

明治期の茶道衰退期において、落ち着いた仕事場が

持てないほど苦労をしました。

尚、和全は明治の改元と同時に、姓を西村から永楽へ改めています。

以降は、永楽印を賜った了全・保全にさかのぼって、

永楽の名で呼ばれるようになりました。

明治以降の永楽家

14代得全父和全はとともに茶道衰退期を過ごしますが、

三井家・鴻池家の庇護を受けた為、多くの作品が両家に残っています。

14代は、三井家の招きで大磯の別邸内に窯を築き準備をする中、急逝してしまいました。

その後、得全の妻の妙全が稼業を継承します。

茶道の復興期、千家家元の好みものを数多く作り、

三井家の保護も受けながら、永楽家を支えました。

その後は、甥の15代正全が継承しますが、5年後に早世。

息子の16代即全が16歳で襲名します。

20177-f

16代は、1937年に三井家の招きで大磯に窯を築き、

戦時も茶陶の制作を継続し腕を磨きました。

戦後は、京都伝陶芸家教会を結成して会長に就任するなど、

伝統陶芸の発展に尽力しました。

当代は17代善五郎で、1998年に襲名し、

染付・色絵などの技法を駆使した華やかな作品を制作しています。

Sponsored Links


一日一禅(メールマガジン・週刊)

あなたの疲れた心を軽くする「禅語」をメルマガで紹介するサービスです。
禅の心に触れて身も心もリフレッシュ!

下記のフォームに氏名とメールアドレスを入力して下さい。

お名前  
メールアドレス
※メールアドレスの入力間違いが多くなっていますので確認下さいね。※

\ SNSでシェアしよう! /

和比×茶美の注目記事を受け取ろう

admin-ajax (2)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

和比×茶美の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

蒲生 はな

蒲生 はな

骨董マニアの父の影響で茶道を習い始めて10年以上お稽古を続けています。
しっかり父の趣味は受け継いで、お道具を鑑賞するのが大好き。

貴重な茶の湯の道具を追いかけて、日本全国の美術館・博物館に出かけています。

バラバラとした知識を系統立てようと、通信制の芸術大学で「和の伝統文化」を学んでいます。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ca20818cd1a2ff893b0f6e1d8b17ece3

    茶道のお辞儀の作法を解説します!

  • •—˜Fæ› •—

    知ってますか?茶道で使われる風炉先屏風とは?

  • sinoyawan

    茶道で使う茶碗のお手入れ法は?

  • 282x214xt2013092701d-jpg-pagespeed-ic-exbivyjw2b

    塗師中村家とは?宗哲の歴代を紹介【千家十職の覚え方講座】

関連記事

  • admin-ajax

    上座下座はどこ?和室の場合

  • admin-ajax (4)

    夏までに3kg痩せたいなら抹茶ダイエットがオススメ!

  • admin-ajax (22)

    お茶を点てるにはどうして点という漢字を使うの?

  • admin-ajax (6)

    エレガントな女性は言葉づかいが違う。日本文化に習う話術とは?

  • 7

    骨盤にやさしい!正しい正座の仕方

  • admin-ajax (5)

    礼儀作法を身につける習い事とは?