1. TOP
  2. 着物の種類は季節で使い分ける!紬はいつ?

着物の種類は季節で使い分ける!紬はいつ?

着物
  14,664 Views

紬の着物はいつ使うの?

imgp0366

茶道をしていると着物を着る機会に恵まれる

というのが魅力の1つですよね。

かくいう私も、茶道を習いはじめたきっかけは

タンスの肥やしになっている母の着物を着てあげよう!

というのが動機でした。

それまで着物なんて七五三、十三参り、

成人式くらいにしか着たことがなかったので、

着物って素敵だけど暑いし動きづらいなぁって思ってました。

それでも着たい!というのが女心なんですけどね。

着物についてまったく知らないまま

茶事で着る機会が増えていくのですが、

着物ってたくさん種類があるんです!

その中でも私が次に欲しい着物、

それが紬の着物なのです。

Sponsored Links

紬の着物ってどんなもの!?その魅力は!?

茶道 着物 つむぎ 紬 どんな

紬(つむぎ)とは、糸の段階で様々な色に染められ、

その糸を組み合わせて織っていくという作り方の着物です。

代表的な3代紬といえば大島・結城・塩沢ですね。

私の茶道の先生がお稽古で大島紬を

着ていらっしゃったことがあり、

カジュアルなのに着物のこなれ感ありで

とっても素敵だなぁと思いました。

紬の魅力といえばなんといっても着やすく、

軽く、洒落ている「小粋」さでしょうかね。

着物好きの中には紬ファンというのは大変多いそうですよ。

知っておかないと恥をかくかも!着物のルール

茶道 着物 つむぎ 紬

大変人気もあり高級な紬の着物ですが、

使い方は普段着・外出着になるので、いくら高価な紬でも

結婚式や茶会などの正式な場面では着用しません。

茶道のお稽古や友人との気負わない

食事会などに着ていくとかっこいいですね。

また、基本的なことですが、着物というのは

一年通して着れるというものはありません。

夏着物は6月・9月に単衣を、

7月8月の盛夏には薄物を着用します。

この薄物というのが着物の中で

最も透け感のある絽の着物になります。

紬にも夏紬というのがあるのですが、

薄物にくらべ透け感が少ないので、

着用する時期は6月初旬と9月半ばくらいが適しています。

着物のルールというのは

着ない人には全然分からないのですが、

着る人にはすぐ分かってしまうので

私もいつも気を付けなきゃいけないなと思っています。

迷ったときは茶道の先生や

詳しい友人に確認するようにしています。

Sponsored Links

紬を粋に着こなす髪型ってどんなの?

着物 茶道 夏 種類 麻 髪型 ヘアスタイル

紬を粋に着こなす際の髪型ですが、

着物の美しさの1つでもあるうなじあたりを

見せた方がやはり素敵だと思います。

紬はフォーマルより少し衣紋を抜かず

詰め気味にするとかっこいいので、

ショートヘアの人は軽く髪を整えるだけで、

長い人はサッとカジュアルにまとめて

かんざしを一本差すくらいが

やりすぎない洒落たかんじを出せると思います。

フォーマルより盛りすぎず、

自然でこなれた感じにセットしてみると

紬によく似合い、素敵だと思います。

私は先日一目ぼれした白の玉かんざしを1本買いました。

私が着物で出かけるのは茶事くらいなのですが、

茶事では基本的に髪飾りは付けません・・・。

紬の着物を手に入れた際には

この玉かんざしを差して小粋に町を歩いてみたいと思います!

着物を着るようになると興味が出てくる紬の着物。

紬の魅力を最大限引き出すお洒落な着こなしをしたいものです

Sponsored Links



不要な着物を高価買取♪

お家に不要な着物はありませんか?

※実は着物を売った人の実に90%以上の人が
タダ同然の値段で着物を売ってしまっています。

そんなあなたには着物を高価買取してくれる
『着物買取の買取プレミアム』がオススメです。

着物買取プレミアムなら、

・自宅まで無料で出張査定・買取
・帯・帯締め・草履・小物も買取OK
・業界内トップシェア級で信頼できる
・電話対応で面倒な入力必要なし

など着物を処分したい方にはぴったりです。

また今は世界的に日本文化が人気で

着物の需要が高まっているので
高価買取が期待できます。



\ SNSでシェアしよう! /

和比×茶美~茶道をもっと身近に~の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

和比×茶美~茶道をもっと身近に~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

Sponsored Links



一日一禅(メールマガジン・週刊)

あなたの疲れた心を軽くする「禅語」をメルマガで紹介するサービスです。
禅の心に触れて身も心もリフレッシュ!

下記のフォームに氏名とメールアドレスを入力して下さい。

お名前  
メールアドレス
※メールアドレスの入力間違いが多くなっていますので確認下さいね。※