1. TOP
  2. 裂地の種類を仕覆でわかりやすく紹介!

裂地の種類を仕覆でわかりやすく紹介!

茶道具
この記事は約 4 分で読めます。 6,443 Views
admin-ajax (23)

茶道具の中で、色・模様・素材のバリエーション豊富で、持ち主の個性が
一番現れるのは、仕覆ではないでしょうか。
「これは●●緞子ですね。渋い色合いで、いいご趣味ですね・・。」など、
仕覆の拝見時に気の利いた一言が言えれば、相当の茶人と呼ばれるでしょう!
有名な仕覆の模様とともに、裂地の種類を一緒に学びましょう。

Sponsored Links

金襴(きんらん)

畠山金襴

金襴は、平金糸(金箔糸)で模様を織り出した織物です。
宋・明から渡来した織物で、室町時代に盛んに使われ、
東山御物の掛物表具に多く用いられています。
その後、17世紀初頭には、堺や西陣で織り出されるようになりました。

金を使い華やかな為、茶道では、茶入れの仕覆に好んで使われます。
柄は細かいものが好まれるようです。
蔦や牡丹など植物の模様や、兎などの動物の模様のものなど、
金糸で多種多様な模様が織り出されています。

遠州は好んで使い、中興名物「畠山肩衝」に、
輪違紋を織り出した「畠山金襴」、
日蓮上人筆の曼荼羅の表具を本歌とする「畠山裂」など
4種の金襴の仕覆を添えました。

緞子(どんす)

珠光緞子

繻子織地で、経糸と緯糸にそれぞれ色の違う練り糸を使って、
地と模様を織り出した織物を緞子と呼びます。
厚地で光沢があり、どっしりとしており、
金襴と並んで高級織物の代名詞となっています。

緞子を茶入れの仕覆に初めて用いたのは珠光といわれており
「珠光緞子」は根津美術館が所蔵する大名物「松屋肩衝」に沿う仕覆として有名です。

織部、遠州も緞子の仕覆を好んで用いていますが、
特に遠州は色の異なる正方形が並ぶ「石畳緞子」を好み、
様々なバリエーションが伝わっています。

間道(かんどう)

間道

間道は縞模様のことで、東南アジアや中国南部で織られたものが、
鎌倉時代以降日本に伝わってきました。
日本でも、桃山時代以降は木綿の間道が織り始められました。

間道の範囲に入るものに、縦縞、横縞の他に、格子縞、千鳥格子などがあります。

間道を茶入れの仕覆に初めて用いたのは武野紹鴎です。
松屋久政の茶会記に紹鴎の茶会で「円座肩衝茶入」を
間道の仕覆に入れたという記録が残っています。
紺地に細かい白の千鳥格子の模様の「紹鴎間道」は、
大名物「紹鴎茄子」に沿う仕覆に用いられています。

「利休間道」は、紹鴎間道より織の荒い千鳥格子で
「松屋肩衝」に沿う仕覆の一つとして知られています。

Sponsored Links

紹紦(しょうは)

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

紹紦は明代末期の紋織物で、種々の色の経緯糸を使って
綾織風に文様を織り出したものです。
柔軟でしわが付きにくいことから、古来より大切な道具を包む裂として、
重宝されてきました。

利休の弟子で、連歌師として活躍した里村紹巴は、
書画や茶道具を包む為に
数々の織物を使用していました。
これらの裂のコレクションが「紹紦」と呼ばれたことが
名前の由来だと言われています。

多様な模様が織り出されるのが特長で、
「富貴長命」の文字を織り出したものなどがあります。

錦(にしき)

ichigo nishiki

錦といえば、鮮やかで美しいも指す言葉として用いられますね。
錦には木綿と絹があり、二種以上の色糸で文様を織り出したものです。
経錦、緯錦、綴錦に分けられます。

錦の有名な模様は「有栖川錦」です。
名称の由来は、もと有栖川宮家に伝来したからと言われますが、
はっきりわかりません。
前田家に伝来した有栖川錦には雲竜紋、馬紋、鹿紋があります。

「いちご錦」も有栖川錦に似た厚保での錦で、
意匠かされた小花が規則正しく並ぶ模様です。
花の模様をイチゴに見立てて名付けられたようです。
紺地に梅の花と小鳥の模様の「清水裂」も錦の一つです。

Sponsored Links


一日一禅(メールマガジン・週刊)

あなたの疲れた心を軽くする「禅語」をメルマガで紹介するサービスです。
禅の心に触れて身も心もリフレッシュ!

下記のフォームに氏名とメールアドレスを入力して下さい。

お名前  
メールアドレス
※メールアドレスの入力間違いが多くなっていますので確認下さいね。※

\ SNSでシェアしよう! /

和比×茶美の注目記事を受け取ろう

admin-ajax (23)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

和比×茶美の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

蒲生 はな

蒲生 はな

骨董マニアの父の影響で茶道を習い始めて10年以上お稽古を続けています。
しっかり父の趣味は受け継いで、お道具を鑑賞するのが大好き。

貴重な茶の湯の道具を追いかけて、日本全国の美術館・博物館に出かけています。

バラバラとした知識を系統立てようと、通信制の芸術大学で「和の伝統文化」を学んでいます。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ca20818cd1a2ff893b0f6e1d8b17ece3

    茶道のお辞儀の作法を解説します!

  • •—˜Fæ› •—

    知ってますか?茶道で使われる風炉先屏風とは?

  • sinoyawan

    茶道で使う茶碗のお手入れ法は?

  • 282x214xt2013092701d-jpg-pagespeed-ic-exbivyjw2b

    塗師中村家とは?宗哲の歴代を紹介【千家十職の覚え方講座】

関連記事

  • admin-ajax

    茶道の道具の名前を写真付きで紹介!お客道具編

  • 3

    初心者向け!茶道の道具の名称を一覧で解説!写真あり

  • 003-mido-ro-kn_1

    竹の蓋置きとは?茶道でどう使うの?

  • admin-ajax (9)

    もう騙されない!箱書の書き方・種類について茶道具商が解説してみた。

  • 282x214xt2013092701d-jpg-pagespeed-ic-exbivyjw2b

    塗師中村家とは?宗哲の歴代を紹介【千家十職の覚え方講座】

  • admin-ajax (6)

    どうやって曲げるの?茶杓の作り方とは?