箱書き(極箱)の意味とは?茶道具商がパターンを説明してみた。写真あり

先日は箱書きのカタチである「共箱」についてお話ししましたが、

今日は「極め箱」についてです。

極めとは、中身の作品を鑑定し、

間違いないものとして証明することを「極めをする」と言います。

この極めをその作品の箱に書けば、「極め箱」と言います。

 では極め箱にはどのようなものがあるのでしょうか?

次に極め箱の種類についてお話しします。

 

Sponsored Links

極め箱の形式

基本的に極め書きは、

「蓋の裏」、「箱の身の側面」、「蓋の甲」、「底の身の底」にあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

で、僕の経験からの個人的な印象だと、

蓋の裏>箱の身の側面>底の身の底>蓋の甲

の順番で、だいたい5:3:2:1の割合なイメージです。

(足して10にならないじゃないか!というツッコみは受け付けません。。)

で、この中で気を付けたいのは、「箱の身の底に入っている場合」です。

なぜかというと、このパターンは本来ありえないからです。

ふつうわざわざ見えない箱の身の底には書かないですよね。

はい、理由があるんです。

箱の身の底に入っている場合は、

1.「底に書かざるを得なかった」もしくは2.「後から入れ込んだ」の

二つの可能性が考えられます。

1.「底に書かざるを得なかった」パターン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらの写真が「底に書かざるを得なかった」パターンですが、どういう事かというと

すでに箱の蓋裏に箱書きがあった

ということです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

参考までに、こちらの作品の蓋裏には、即中斉の書付が添っていました。

つまり、惺入の赤茶碗が存在して、そこに即中斉宗匠が書付をし、

その後に惺入の子である覚入が極め箱を書いたという経緯が、箱を見るだけでわかります。

2.「後から入れ込んだ」パターン

こちらは先ほどのパターンと逆で、先に極め書きが蓋に書いてあって、

後に書付を書いてもらう場合に起こるパターンです。

これは意図的にことを仕立て直しているという意味ですが、これには理由があります。

基本的に、箱書には格があって、

書付>共箱>極め箱

の順番になっています。

なので、お家元の書付を書いてもらう場合は、蓋を新調して書付を頂くのが礼儀です。

で、その際に元々あった極め書きを処分するのはもったいないという事で、

箱の身の底に入れるという作業になるわけです。

 

Sponsored Links

作家別の極め箱紹介

今回取り上げるのは、楽家と永楽家を取り上げますが、

作家さんの極め箱のスタイルはほぼ共通しているので、

同じような考えかたで大丈夫です。

永楽家の極め箱

・永楽 得全

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

白磁 牡丹花

 酒杯

家父和全作

(印)善五郎識

・永楽 正全

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

金海 茶碗

十一世保全作

  〇紛無者也

  (印)善五郎識

・十七代永楽善五郎

img58468745

和全作

菊谷焼朝顔扇形

  火入

(印)善五郎識

楽家の極め箱

・楽九代 了入

IMG_0640

得入作

 赤平茶碗

  九代了入(印)

・楽十一代 慶入

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

長入作黒

 手付小鉢

 菊置上ケ アリ

十一代

  慶入(印)證

・楽家15代 吉左衛門(当代)

楽家の当代は、箱の身の側面に書きます。

これはほぼ決まっていて9割は箱の側面に書かれます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちなみにこちらは比較的若い時の字と考えられます。

黒茶碗

 一入造

十五代

 吉左衛門(印)證

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらは最近ですね。

というか当代は基本的に極め書きには極めをした年号を入れてくれます。

「辛卯」と入っているので2011年に極め書きをされたという事がわかります。

赤茶碗

  中印共箱添

 了入造

辛卯の歳

十五代

 吉左衛門(印)證

 まとめ

 極め箱のパターンとしては、共箱の時と同じく、

「蓋の裏」、「箱の身の側面」、「蓋の甲」、「底の身の底」にあり、

その割合は、

蓋の裏>箱の身の側面>底の身の底>蓋の甲

の順番で、だいたい5:3:2:1の割合なイメージです。

前回の記事はこちら

もう騙されない!箱書の書き方・種類について茶道具商が解説してみた。

次回は、書付についてお話してみたいと思います。

 最後までありがとうございました。

Sponsored Links



家を売りたい方必見!

家を売ろうと思い立っても
・どの不動産がいいか分からない
・忙しくて不動産をまわる時間がない
・高く売却する方法が分からない

そんな悩みがある方は、無料査定ができる
『イエウール』のサービスがおすすめ
です。

イエウールが人気な理由とは

・全国1,500社以上の不動産が対応してくれる
・売却実績豊富なプロがいるので信頼できる
・お客様満足度98%で期待できる
・60秒の簡単入力で査定依頼ができる
・最大6社の一括査定で比較できる

などなど、マンション・一戸建て・土地の
売却のことがよく分からない方でも
プロに無料相談ができるので安心です。

満足度98%の秘密は
お客様からのクレームが多い企業は
解除されるので、優良な企業ばかりなので
信頼できます。