1. TOP
  2. 日本の遺産!大徳寺の歴史とお茶室のご紹介

日本の遺産!大徳寺の歴史とお茶室のご紹介

茶室 茶道 歴史
この記事は約 4 分で読めます。 5,373 Views
admin-ajax (1)

日本の遺産、大徳寺をご存知ですか?

茶道を習われている方はご存じの方も多いかもしれません。

そう、大徳寺は茶道にとっても縁のあるお寺なのです。

茶人面(ちゃじんづら)」と呼ばれるほどでした。

私は茶道を習い始めて数年なのですが、大徳寺が茶道と関わりが深いというのは最近知りました(+_+)

一度行ってみたいと思っているのですが、まだ大徳寺に行ったことがことがありません。

大徳寺への思いは募るばかりです・・・

そこで、大徳寺について調べてみましたのでご紹介します。

いつか実際に大徳寺に行けることを信じて・・・

Sponsored Links

大徳寺と茶室

dai

大徳寺は臨済宗大徳寺派の大本山です。

1315年、大徳寺の開祖である宗峰妙超が

洛北の紫野に小堂を建立したのが大徳寺の起源と言われています。

1325年、花園上皇が宗峰に帰依し、

大徳寺を祈願所とした頃に本格的な寺院の形態になりました。

侘び茶の創始者、村田珠光が一休に参禅して以来、茶の湯と縁の深い寺となり、

千利休など多くの茶人が大徳寺と関係を持っています。

大徳寺の建物は重要文化財に指定されていて、

中でも茶室「忘筌」は茶の湯を知るものなら一度は訪れたい

聖地ともよばれています。

三玄院と茶室

san

大徳寺境内西にある塔頭のひとつです。

1589年、浅野幸長、石田光成、森忠政が春屋宗園を開祖として建立しました。

茶道に縁の深い、小堀遠州、古田織部らは春屋宗園に禅を学んだと言われています。

茶室「篁庵」は、三畳台目、八窓のつくりで古田織部好みの茶室です。

Sponsored Links

高桐院と茶室

kou

大徳寺境内西北にある塔頭のひとつです。

1601年、利休七哲の一人、細川忠興によって創建されました。

利休邸移築の書院に続く茶室「松向軒」は豊臣秀吉の北野大茶会に使用されたものを

移したと言われています。

大仙院と茶室

daisen

大徳寺境内の北にある塔頭のひとつです。塔頭の中では一番古い歴史があります。

1509年、六角近江守政頼が、その子岳宗亘和尚を開祖として創建しました。

書院の間は千利休と豊臣秀吉の縁の茶室です。

 黄梅院と茶室

ou

大徳寺境内南東にある塔頭のひとつです。

もとは黄梅庵といったが、1583年、豊臣秀吉や小早川隆景の帰依

のもと築を改め、1588年に黄梅院と一新したと言われています。

書院「自休軒」は伏見城遺構を移したと言われています。

茶室「昨夢軒」は四畳半で院内で最も古い建築です。

当初、茶室は独立して建てられていましたが、

書院建立時に移築され、書院に組み込まれたということです

玉林院と茶室

gyoku

大徳寺境内南西にある塔頭のひとつです。

1603年、御所に出入のあった医師曲直瀬正琳が月岑宗印を開祖に創建したと言われています。

茶室「南明庵」は西の茶席「蓑庵」、東の茶席「霞床席」から成ります。

造りに侘び茶の神髄があるといわれていて、

ここでは茶事に基ずいた仏事を行うそうです。

ほかに茶席「洞雲庵」があります。

聚光院と茶室

jukou

大徳寺の西にある塔頭のひとつです。

1566年、三好義嗣が父を弔うために建立しました。

千利休が檀家となって多くの資財をよせ、以来、

茶道三千家の菩提所となっています。

境内には利休の墓の他、歴代三千家の墓があり

毎月28日に茶の供養が行われています。

茶席「閑陰席」は利休好みの三畳台目の茶席です。

他に茶席「枡床席」もあります。

そうだ、京都へ行こう!

大徳寺とその周辺について調べて行くうち、

無性に京都へ行きたくなってしまいました。

大徳寺をはじめ、大徳寺境内やその周辺だけでも

国宝、重要文化財が山ほどあります。

大徳寺周辺だけでも見応え十分ですね。

調べた大徳寺周辺のお寺には見学だけでなく、

誰でも参加できる月釜を開催しているところもあるようです。

茶道を習っていても、いなくても

大徳寺に行ってみる価値はありそうですね。

Sponsored Links


一日一禅(メールマガジン・週刊)

あなたの疲れた心を軽くする「禅語」をメルマガで紹介するサービスです。
禅の心に触れて身も心もリフレッシュ!

下記のフォームに氏名とメールアドレスを入力して下さい。

お名前  
メールアドレス
※メールアドレスの入力間違いが多くなっていますので確認下さいね。※

\ SNSでシェアしよう! /

和比×茶美の注目記事を受け取ろう

admin-ajax (1)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

和比×茶美の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

幾峰

幾峰

地元で茶道を習って5年ほどになります。日本文化とハワイをこよなく愛すアラフォーです。

歳を重ねるごとに日本文化に興味を持ち始め、茶道の他に書道や着付けにも挑戦しています。

いつかはハワイの風を肌で感じながら美味しいお抹茶をいたただきたいな~と贅沢極まりない秘かな夢を胸に主婦業に専念する日々です。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 72bce240544805e6f761c0a5483deb66

    抹茶の保管には冷蔵庫と冷凍庫どっちがいいの?

  • admin-ajax (3)

    干菓子の出し方といただき方を解説します!

  • admin-ajax (1)

    日本の遺産!大徳寺の歴史とお茶室のご紹介

  • admin-ajax (3)

    スーツでOK?茶会の服装はどうする?

関連記事

  • admin-ajax (2)

    表千家歴代の家元の名前を覚えよう!花押の画像あり!

  • admin-ajax (13)

    茶道初心者のための千家十職の覚え方を紹介します!

  • admin-ajax (1)

    茶室の柱に打つ花釘とは?用途や取り付け位置を解説

  • 620e6cb8

    利休はなぜ切腹を命じられたのか?娘との関係が原因?

  • admin-ajax (2)

    寸法は何センチ?茶室の入り口が狭い理由

  • NO IMAGE

    茶道の流派は沢山あるけど、一番人数が多いのはどこ?