夏の茶会に着ていく着物はどうする?

夏に入ると、様々な夏ならではのお点前が登場します。

一年ぶりのお点前にとまどいながらも、

季節ならではのお点前を楽しんでいます。

 

梶の葉や芋の葉、桐の葉などを用いて

水差しの蓋に見立てる、葉蓋のお点前。

朝早く汲んだ名水を釣瓶水差にて行う、名水点。

点前の途中で茶巾を絞りその音を聞かせて涼を呼ぶ、洗い茶巾。

どれも涼しげな季節感あふれるお点前ですね。

 

そんなお点前で茶会を開けば、

暑い夏にもほっと暑さをしのげそうですが、

ただでさえ汗が流れる夏の茶会には、

いったいどんな装いで行けばいいのでしょうか。


 

初夏 6月

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夏の始まり、6月頃といえば単衣の着物です。

10月から5月までの袷から裏地の部分をはずした、

表生地のみの着物で、合わせに比べると、

ぐっと軽く涼しくなります。

 

6月頃のお茶会なら、お茶会の格に合わせて、

小紋、色無地、附け下げ、訪問着の単衣、

帯は綴れや芯の入っていない帯、

透け感の少ない絽の帯が素敵だと思います。

 

ただ、絽の帯を締める時期は、

関西と関東でも違うようですので、

地域によってもお着物のTPOが異なるのかもしれませんね。

 

盛夏 7月、8月

着物 茶道 夏 種類 絽

7月、8月の盛夏であれば、

絽、紗、羅の着物と帯でしょうか。

 

薄い水色や薄鼠色の涼しげな着物に、

流水柄の帯など見ていて本当にうっとりします。

 

暑くても涼しげに着物を着ている女性は、

同じ女性の目から見ても惚れ惚れします。

 

夏は暑さのあまり、ついつい着物を敬遠してしまいますが、

現代では涼くなる新素材で作った肌襦袢や

長襦袢がありますので、見えない部分で涼しさを

サポートしてもいいですね。

紬や麻は着てもいい?

着物 茶道 夏 種類 麻

通常のお茶会では、夏であっても、

麻、浴衣、紬のお着物は正絹でもNGです。

 

今では高価になりましたが、

麻や紬はかつては庶民の日常着であり、

作業着でもありました。

 

今で言うと、ジーンズのような感覚です。

茶道がかつて神様に差し上げるものであった成り立ち、

また、ご亭主が心をこめて用意されたお道具に対し、

敬意を持った普段着以上の装い、

肌を露出しない格好がふさわしいのではないでしょうか。

 

また、硬い繊維の紬は、

畳を傷めるから向かないのだという説もありますが、

社中によっては、お稽古であれば、

お点前によっては紬、麻もOKというところもあります。

 


麻が素敵な朝茶事

基本的には、お茶会やお茶事で

麻や綿のお着物は避けますが、例外もあります。

 

夏のお茶事である朝茶事は、

涼しげで気張らない装いがふさわしいので、

麻や綿のお着物で行くことができます。

着物 茶道 夏 種類 麻 朝茶事

朝茶事は参加したことがないのですが、

ぜひ行ってみたいお茶事です。

 

ただ、朝茶事も訪問着で行かれる

というかたもいらっしゃるので、

その会の皆様のお考えに合わせるのが一番だと思います。

 

 

晩夏 9月

9月といっても、まだまだ暑くて着物を敬遠してしまいます。

この時期は、どんなに暑くても、お茶会の着物は単衣になります。

帯も夏帯ではなくなります。

 

日常のお出掛けであれば、

まだ夏の装いのかたもいらっしゃいますが、

お茶は少し厳格かもしれません。

 

絽の帯は、締めても

9月の1週目くらいでやめておいたほうが無難です。

 

 

ヘアスタイル

着物 茶道 夏 種類 麻 髪型 ヘアスタイル

夏の暑い時期は、洋服でも和服でも

ヘアスタイルはアップが一番ですね!

 

着物でも、ヘアゴムで束ねるだけの方もいらっしゃいますが、

髪の毛が中途半端に顔にかかる姿は

あまり格好の良いものではありません。

 

長い髪の毛は後ろでひとつにヘアゴムでまとめた後、

二つ網か三つ網にしてくるくるとゴムの周りにまいて

Uピンで留めていけば、すっきりとしたまとめ髪になります。

 

中途半端におちてくるサイドの髪の毛は、

ヘアワックスやスタイリング剤で落ちないように

撫で付けでれ出来上がりです。

 

顔と耳、うなじを全部見せるように気をつければ、

上品で涼しげな印象になります。

 

 

茶道を習い始めた時、先生が夏の暑い最中

着ていた紺色の絽の色無地を、とても美しいと思いました。

 

なんの変哲もない紺の色無地でしたが、

絽の紺色着物の下に、着ている襦袢の白が透かし見えて、

その様子がなんとも品があり美しく思えたのです。

着物 茶道 夏 種類 絽 きれい

その後、着物を着るようになり、

紺の絽の色無地を購入したのは言うまでもありません。

 

夏の暑い時こそ、お気に入りの着物を着て、

颯爽とお茶会に出かけて見ましょう!



家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる

【関連する人気記事】