1. TOP
  2. 茶道の資格はどのようなものがあるの?

茶道の資格はどのようなものがあるの?

茶道 資格
  5,176 Views

茶道を本格的に習っていく上で、

資格の取得は必要不可欠になってきます。

 

茶道は、学び手の段階によって、

お稽古出来る内容が限られています。

 

上のお点前をするためには、

まず師事している先生からの許可(推薦)を頂き、

家元に申請し、許しを得てから、

はじめて次のお点前(お稽古)に進むことができます。

 

上のお点前になるにつれて、点前はより複雑になり、

道具の扱いも難しくなっていきます。

お点前はもちろん、客としての作法も高度なものになります。

流派によって呼び方が様々ですが、

茶の湯の世界で『資格』と言うのは、

許状・免状、又は免許状・相伝免状などと呼ばれています。

 

 

表千家では『相伝』、裏千家では『許状』の名で、

正式には呼ばれています。

 

このように、普段私たちが生活の中で使う、

『資格』とは少し意味合いが違います。

 

茶の湯の世界では、資格というのは、

『上級のお稽古を習うための許しを得た証明』であり、

『特定の修行課程を終了した』と言った証明にはなりません。

 

今回は、表千家と裏千家の資格について、

どのような種類があるのかをお話していきます。

Sponsored Links

 

『表千家』相伝の種類

 茶道 コラム

1.入門(にゅうもん)

 

2.習事(ならいごと

 

習事は習事8箇条と言って、

茶筅飾(ちゃせんかざり)

台飾(だいかざり)

組合点(くみあわせだて)

仕組点(しぐみだて)

長緒(ながお)

盆香合(ぼんこうごう)

花所望(はなしょもう)

炭所望(すみしょもう)

からなっています。

 

 

3.飾物(かざりもの

 

飾物は飾物5箇条と言って、

軸飾

壷飾

茶入飾

茶碗飾

茶杓飾

からなっています。

 

 

4.茶通箱(さつうばこ

 

5.唐物(からもの

 

6.台天目(だいてんもく

 

7.盆点(ぼんてん

 

  

Sponsored Links

 

『裏千家』許状の種類

 許状 茶道 資格

裏千家は、許状の他に『資格制度』を設けており、

これによってどの習熟度(レベル)に達しているのかを、

初級~助教授の6段階で明確にし、

 

履歴書などに記載した場合に

理解を得やすいように、配慮が汲まれています。

 

 

また、裏千家のサイトを見ると分かりますが、

海外でも活動を広げている裏千家は、

外国の方にもレベルが分かりやすいように、

英語でも資格の表記をしています。

 

 

初級

 

1.入門(にゅうもん

 

2.子習(こならい

 

3.茶箱点(ちゃばこだて

 

 

 

中級

 

1.茶通箱(さつうばこ)

 

2.唐物(からもの)

 

3.台天目(だいてんもく)

 

4.盆点(ぼんだて)

 

5.和巾点(わきんだて)

 

上級(助講師)

 

1.行之行台子(ぎょうのぎょうだいす)

 

2.大円草(だいえんのそう)

 

3.引次(ひきつぎ)

   

 

講師

1.真之行台子(しんのぎょうだいす)

 

2.大円真(だいえんのしん)

 

3.正引次(せいひきつぎ)

 

 

専任講師

 

1.茶名(ちゃめい)

助教授

1.準教授

 

表千家・裏千家共に、

それぞれの相伝・許状を申請の際には、

師事している先生を通してすることになります。

 

また、次の申請をするにあたっては、

一定の期間を経てからでないと

申請出来ないのがほとんどです。

 スクリーンショット 2013-11-06 9.58.47

 

本来、相伝・許状を持っていない上のお点前は、

お稽古することはもちろん、見ることも許されていません。

 

しかしながら、一般のお稽古場では、

お弟子さんによって持っている

相伝・許状はそれぞれで、持っていないからと言って、

『じゃあ、あなたは他の部屋で待っていてね』とは、

なかなか出来ないのが多くの場合です。

 

このような場合、

見ることは致しかたないのも実情です。

 

多くのことを学ばないといけない茶道の世界は、

決して全てを短期間で習得出来るものではありません。

 

だからこそ、このような相伝・許状のシステムがあることで、

日々精進し、稽古の意欲を捨てることなく

励んでいくことが出来るかもしれません。


Sponsored Links



家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売ってしまっています。

※家・土地の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・素人に不動産の相場なんてわからない
・個人で売買の交渉をする自信がない
・親の急死でとにかく処分したかった
・相続で受け継いだが税金がかかる
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は無料の不動産一括見積もりが
オススメ
です。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の査定額が
スグにわかる。

・自分で複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を子供の学費・老後の貯蓄に回せる

また下取り相場が見れるので、
知り合いの不動産会社の見積もりで

買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。


1000万円の差が出る不動産見積もりサービスを試してみる



一日一禅(メールマガジン・週刊)

あなたの疲れた心を軽くする「禅語」をメルマガで紹介するサービスです。
禅の心に触れて身も心もリフレッシュ!

下記のフォームに氏名とメールアドレスを入力して下さい。

お名前  
メールアドレス
※メールアドレスの入力間違いが多くなっていますので確認下さいね。※



Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

和比×茶美の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

和比×茶美の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links