初釜に使う主菓子と言えば?

初釜に使う主菓子と言えば?

初釜とは、正月を迎えたことを祝い、

一年で最初に釜をかけることを言います。

 

元来、年頭に頂くお茶には、厄除けや健康祈願の意味があり

『大福茶(おおぶくちゃ)』と呼ばれてきました。

 

初釜に使われる主菓子には、新年最初の行事にふさわしく、

 新春を想わせる鮮やかな色合いと、

華やかさを持ち合わせたお菓子が使われます。

 

 

Sponsored Links


三千家で使われる代表的な主菓子

 表千家

常盤(ときわ)饅頭

 茶道のすすめ 和菓子  常盤

常盤饅頭は、

「千年変わらない松の翠」をモチーフにし、

白い薯蕷饅頭の皮の中に色鮮やかな緑の餡

(白餡を緑に染めたもの)を入れたものです。

 

薯蕷の白い皮は「雪」を、中の緑餡は「松」を想わせ、

雪化粧した松をイメージさせます。

 

裏千家

花びら餅

 茶道のすすめ 和菓子 1

花びら餅は、

京都でお正月のおめでたい時期にのみ食べられるお菓子の一つで、

白味噌を餡に使用し、その餡を淡い桃色に染め、

甘く煮た牛蒡(ごぼう)と一緒に柔らかい求肥で包んだものです。

 

武者小路千家

都の春

 茶道のすすめ 和菓子  春

京都の春を「緑と紅」で色分けし、

緑は「柳」・紅は「花」を表現しています。

きんとん仕上げのお菓子で、中は小豆餡です。

 

せっかくですので、ここで一年を通して、

どんなお茶菓子が茶の湯では使われるのか、

少しご紹介してみます。

 

1月から12月の和菓子をご紹介!

睦月(1月)

常盤饅頭・花びら餅・笑顔饅頭 / えくぼ饅頭

茶道のすすめ 和菓子 1

※『笑顔・えくぼ饅頭』は、

シンプルな薯蕷饅頭の中心に、

一点の紅を差したものです

如月(2月)

うぐいす餅・東風(こち)・下萌え・草餅

茶道のすすめ 和菓子 2

※『東風』は、和歌などに多く用いられた春の季語で、

“東の風は春を運んでくる…”という意味で、

この銘を付くお菓子は、梅をモチーフにしたものです。

 

※『下萌え』は、積もった雪の下から、

若芽が萌え出るのをイメージしたもので、

 

雪が降り積もった厳しい冬の中でも、

一歩一歩確実に春が近付いて来るとうことです。

弥生(3月)

わらび餅・引千切(ひちぎり)

茶道のすすめ 和菓子

※『引千切』は、餅を引きちぎってくぼみを作り、

そのくぼみ部分に餡などを乗せたもの。

卯月(4月)

桜餅・花見団子

 茶道のすすめ 和菓子 2

皐月(5月)

青梅・柏餅・唐衣(からごろも)

 茶道のすすめ 和菓子 5

※『唐衣』は、伊勢物語に登場する

和歌「かきつばた」を、

和菓子に盛り込んだものです。

水無月(6月)

若鮎・あわ雪・水無月・黄身しぐれ

 茶道のすすめ 和菓子 6

Sponsored Links

文月(7月)

葛焼・水羊羹

茶道のすすめ 和菓子 葛

葉月(8月)

琥珀(こはく)・玉すだれ・水饅頭

 茶道のすすめ 和菓子 8

長月(9月)

鶉餅(うずらもち)・こぼれ萩・月見団子

茶道のすすめ 和菓子 萩

※『こぼれ萩』とは、俳句の季語で、

晴れ渡った秋空の下、こぼれんばかりに咲き乱れた

萩の花の様子のことを言います。

神無月(10月)

栗しぐれ・亥(い)の子餅

 sadou 茶道 和菓子

霜月(11月)

くるみ餅・紅葉狩(もみじがり)

 Exif_JPEG_PICTURE

師走(12月)

雪餅・蕎麦薯蕷・栗蒸し羊羹

 茶道のすすめ 和菓子 

初釜で使われる主菓子、そして月ごとに口にする主菓子は、

どれもがその時期を最も表すデザインになっています。

 

日本は四季があり、その四季を主菓子を通して味わうことが出来ます。

旬の素材を使い、春には桜をデザインしたもの、

夏には涼しげな水をイメージしたもの、

秋には紅葉、冬には雪…などと言った様に、

小さい和菓子の中に、日本の壮大なる四季が繰り広げられている

と言っても過言ではありません。

 

特に、初釜はおめでたい席であり、

初釜でしか使われることのない道具もあり、

大体使われる主菓子は毎年決まっているものです。

 

一年に一度しか味わえない、特別な初釜で頂く主菓子は、

また格別と言って良いでしょう。

 

Sponsored Links


家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる

【関連する人気記事】