茶道の主菓子ってどんなものがある?画像で紹介!

抹茶の美味しさを、より味わい深いものにするためのもの、

それがお茶菓子。


茶道の世界では、

このお茶菓子が『干菓子』と『主菓子』の二種類に分かれます。

 

 本来、主菓子は濃茶の前に頂くもので、

薄茶と比べ苦味のある濃茶を頂くために、甘みが干菓子よりも強く、

 濃茶を飲んだ後にも、甘みが口の中に残るように

計算された上で作られています。

 


主菓子の種類について

主菓子にはいくつかの種類があります。

 

上生菓子

上生菓子は、和菓子を代表する

最も格の高い和菓子のことを言います。

 

茶道の茶菓子の中で、

最も頻繁に使われるお菓子になります。

代表的なものは、練りきり・きんとんなど。

 

※『練りきり』とは、白餡に求肥などをつなぎとして混ぜ、練り上げたもの。

この練きりとは別に、『薯蕷練りきり』と言って、

 山芋(やまと芋・自然薯・長芋・つくね芋など)を蒸して裏ごしし、

それに砂糖を加え練り上げたものもあります。

練りきりは通常そのまま使われ、

木型やヘラ、手を使って様々な形に仕上げます。

また、着色し様々な彩を表現し、和菓子を作り上げます。

 

薯蕷練りきりは、そのまま使用したり、

練りきりのつなぎとして加わられたりします。

 img56311568

薯蕷練りきりは、粘りが強い山芋を使うため、火が通りにくく、

焦げやすいなど、作るまでに非常に手間を要するものです。

※『きんとん』とは、餡玉などを芯とし、

ざるなどで裏ごしした餡をそぼろ状にして、

様々な形を成形していきます。

 

ざるの大きさによって、色々な太さを作りだし、

表現したい和菓子を細かく作り出します。

 


朝生菓子

茶道のすすめ 和菓子 2

朝生菓子とは、普段私たちが一般的に口にする

「和菓子」がこれにあたります。

 字の通り、早朝に作り上げ、その日のうちに売り切ってしまうものです。

 

代表的なものは、餅菓子(大福・柏餅・桜餅)

蒸し物(饅頭)、焼き物(調布・若鮎)などです。

 ※『調布・若鮎』とは、薄く焼いた皮(どら焼きの皮を薄くしたような感じです)

に、柔らかい求肥を包み込んだものです。

 

上生菓子、そして朝生菓子は水分量が30%~40%以上のものですので、

日持ちがせず、その日の内に食べ切ってしまうのが原則です。

 

万が一、その日の内に食べることが出来ない場合は、小分けにして密閉容器や

冷凍用の袋に入れ、冷凍保存します。

 

食べる際には、1~2時間(季節や気温によりますが)

前に常温で解凍すれば、美味しく頂くことが出来ます。

 ただし、一度解凍したものを、再冷凍することは避けましょう。

 

水もの菓子

茶道のすすめ 和菓子 8

暑い夏場によく用いられるお菓子で、寒天や葛・ゼリーを使い

清涼感溢れる、口触りのツルンとしたお菓子です。

透き通った寒天などの中に、金魚などの羊羹を

形取ったものを浮かべたり、果物を入れたりもします。

和菓子は、非常に繊細なものです。

日々同じ菓子を作るにも、気温や湿度によって、

微妙に使用する原材料の配合を変えたりと、神経を使うものです。

 

これらを見極めるのには、長年の経験と知識がものを言い、

 同じ味わいの菓子一つ作るのは、決して簡単なものではなく、

職人の技が成せることなのです。

 

 茶道のすすめ 和菓子 種類

和菓子には、職人の技が光るものです。

それが『手形もの』と呼ばれ、補助的な竹のへらなどは使用しますが、

和菓子職人の手のみで、和菓子を形作っていくのです。

 

和菓子職人は、他の作り手職人と同じく、

それぞれの個性が菓子に反映されます。

 

同じ銘の和菓子でも、お店によって、

職人によって微妙な形や雰囲気が違ってくるものです。

 

そういった意味では、同じ菓子を違うお店で買い歩いて、

その違いを楽しんだり、自分の好みのものを探すのも楽しいかもしれません。




家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる

【関連する人気記事】

タイトルとURLをコピーしました